キャリアカタログ

トラン ミン ドク

就職先

(株)鈴木栄光堂

情報メディア学科

トラン ミン ドク
経営学部/情報メディア学科
2018年度卒業
大原キャリアビジネス&ペット専門学校

私の出身地!ベトナム

私のキャリアステップ

大学3・4年
ゼミ研究を始めるとともに交流活動と就職活動を全力で頑張りました。
3年生の前期から本格的にゼミ研究を始めました。私は「日本におけるベトナム語医療通訳」といったテーマを選んで、調べてきました。その一方、県内にある「岐阜ベトナム留学生ネットワーク」にもサポーターとして活動しながら、キャリア支援課の先生方のサポートを受けて、地域にある第一志望の企業に内定を頂きました。
大学1・2年
1年生と2年生の頃には、出来る限りの単位を修得できるため、登録可能な講義を全て登録し、学業とアルバイトの両立に精一杯でした。その同時に地域の交流活動や大学の行事にも参加するので大変でしたが、貴重な経験をたくさん得られました。
高校3年
写真を撮影し、自分で編集することについてはすごく興味があり、将来、写真家になりたいと思っていましたのでメディア専門学校に入学することを決めました。その時は、全く日本に留学することを考えなかったが、専門学校時代で、先輩と先生たちから日本の留学に関する情報が得られて、自分にチャレンジしたいと思い、日本に留学しました。
Q1
情報メディア学科を選んだ理由は?
日本に来る前に、ベトナムで2年間メディア専門学校を卒業したので、もっと映像や画像編集に関する知識を学びたいと思いました。同時にメディアによるマーケティングや経営も勉強したいと思い、情報メディア学科のメディアマーケティングコースを選びました。
Q2
経営学部の学びの魅力・面白さは何でしたか?
映像制作や音楽制作の授業では、少人数制で学生一人ひとりの成長を見て頂くので初心者でも安心して勉強できるのが魅力でした。情報技術やメディアの知識を学べるだけではなく、簿記や国際会計、経営学などの経営に重要な知識も勉強できることが学生に対して大きなメリットだと思います。
Q3
情報メディア学科で学んだことで、どのように成長・変化したと思いますか。
簡単な画像の編集ができるところから自ら映像を撮影し、簡単なCMのような作品を編集できるようになりました。広告論の講義では、自ら新商品を考え、その商品についての広告プロジェクトを作成、みんなの前でプレゼンテーションしました。すごく達成感を感じました。
Q4
これからの仕事での夢をおしえてください。
まず、社内のみんなさんから信頼される人になりたいです。そして、成長していくとともにベトナムと日本の交流関係にも力を入れ貢献したいと思います。
先輩からのメッセージ

学業とアルバイトが両立できることは一番大事だと思います。それができたら、様々な交流活動に参加した方がいいと思います。コミュニケーション力が上達でき、今後の就職活動にも役に立つと思います。そして、どんな場面でも自信を持って挑戦してみてください。

海津周遊ツアーに参加しました。(2年のとき) 岐経祭では模擬店を出店しました。
岐阜県内外国人留学生日本語弁論大会では優秀賞に輝きました。(3年のとき) グローカル交流会に参加しました。(3年のとき)
資料請求入試案内

このページは役に立ちましたか?はい いいえ

その他、ご意見はありますか?

送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。